クリスマス・イブ@宮古

南国・宮古島のクリスマス・イブ。どんなものだと
想像しますか?

自分だって、宮古なら冬でも寒くないだろうから
ビーチで日焼けしながら砂浜にツリー立てて、
「メリー・クリスマス!」
と思ってたさぁ(^^;)

…南半球じゃああるまいしねぇ(^^;)。
宮古だって12月末の晩は寒い。しかも今日は雨。

平良市役所も電飾できらびやかだし、
ちゃあんとクリスマス・ケーキも売ってる。
少し暖かい以外は、他の日本の都市と変わらんのだ。

だが、しかし!
今年はなんと、生まれて初めて、教会のミサでイブを
過ごしてしまった。なぜ宮古で?我ながら不思議だ!
ま、いろんなご縁があって、誘われていったのだけど。

クリスチャンではないけど、厳かでいいもんですね。
やはりクリスマスはクリスマスらしく、がいいです。
これも『ていねいに生きる』のうちに入るかな?

その後のクリスマス・パーティーにもちゃっかり出て、
ビンゴ大会で盛り上がる。おもちゃの欲しい子ども達が
最前列で大騒ぎして微笑ましい。

「宗教の違いや好き嫌いもあるのだろうけど、こうやって
はじめは親に連れられて、教会やお寺に通う子どもって、
ものすごく悪くなったりはしないんじゃないか、と思ったな。
うまくすれば、子どもの精神的な『芯』というか『幹』というか、
そんなものの形成に役立つのかも。」
とは一緒に参加した人のご意見。なるほど、そうかも。

その子ども達の姿を見ながら、泡盛をロックでチビチビ。
この辺はさすが宮古(^^;)。神父様にお酌されながら、
「今度また遊びにおいで」
と誘ってもらった。また1人、知り合いゲット(^^)。

楽しい晩をありがとうございました。
みなさまのイブはいかがでしたか?

それで、は明日も良い日になりますように。

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック