『「カネ」はなくとも子は育つ』

 宮古へ来て今日でちょうど3ヶ月が経つ。
次の仕事に入る前に、確定申告を済ませた。

 仕事のない日は本を読んだりしているが、
不思議なもので、時間がある時の方がこの
ブログを休みにすることが多くなる。
 時間を過ごす『型』が出来ている時の方が
かえって時間を作りやすいのでしょう。
 これは多分何においても言えること。
覚えておこうっと(^^)。

 さて、お給料が出たので買って読んだ本の
中から1冊ご紹介。
「カネ」はなくとも子は育つ―シンプル人生の教育設計

『年収300万円時代を生き抜く経済学』
などでも有名な、森永卓郎さんの著書。

 この人の本は好きで何冊か読んでたけど、
教育について書いているということで、つい
買ってしまったのだね。

 教育については色々な意見が色々な方から
言われ続けているのだけれど、考えてみれば
「今の子どもが大人になった時の時代背景」
がどんなになっているかを語る人はいない。
で、森卓さんは今回それを書いているのだ。

○年収300万円時代の中で大人になる今の
 子どもの、教育に対して投資するということ
 はどういう意味を持つのか?
○では、本来子ども達にしなければならない
 教育はどんなものか?そのために大人が
 しなければならないことは何か?

 …てなところがポイントでしょうかねぇ。
(う~ん、うまくない(--;)。伝わったかなぁ…?
こりゃAmazonで書評などしない方がいいな…)

「ホントに年収300万時代なんて来るの?」
という疑問は確かにあるでしょうが、この人は
若き日にバブル到来を予測し、給料の大半を
住宅ローン支払にまわしてまで、無理して家を
購入したという実績(?)のある人です(^^;)。

 読む人がいるかもしれないのでここまでに
しておくけど、結論がけっこう正当なところに
治まっているのが好きでした(^^)。

 特に教育関係者の方、おヒマな時にどうぞ。
(なんなら貸しまっせ!(^^) )

 2月は結局、何日晴れの日があったのだろう?
宮古の子が、外遊びできない日が続いてます。
自分も明日は出かけるから、晴れてほしいゾ!
今はまた強風が吹き荒れてるけど(--;)

 では、明日もよい日になりますように。


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

かおり
2005年03月07日 20:50
とっても興味深い本ですね。子ども=お金(教育費)って考えてしまう人って多いと思います。そういう人にとっては、一番知りたい事が書いてありそうですね。
まやま
2005年03月07日 22:08
かおりさん(なんて呼ぶのは初めてだが(*^^*) )ようこそ!
この本は、教育にお金をかけられなくても、親が子どもにこれだけは伝えておかなければならないものは何か?というところに最後は落ち着いてます。
前著2冊は経済の本で、その中で少しだけ触れた教育の部分に読者の関心が集中したため、経済の専門化が教育について書いたそうです。
そーだよねー、教育と、それにかかる費用。みんな関心は高いよね。
どの子もみな得ておいてほしいものはあるし、それによって自分の人生を良いものにしていってほしいなって思う。どの子もみな。大人が出せるのは、お金だけじゃないよね。

この記事へのトラックバック