『芸術の秋』シリーズ②<秋桜2>

画像花なんていう、自然の造形の中でも
最も美しいものを絵にしようなんて行為は
無謀な挑戦だなぁと描いてみると思います(^^;)

前記事で
「落ち着くために、ゆっくりと絵でも」
と描いたのですが。
「落ち着くために、ゆっくりと」には
もう一つ意味がありまして、実は。

秋の季節の絵を描くのに、何か書いてみたい
ものはないかなー、と、探すわけですね。
その時に、ゆっくり自然の造形物を観察する
ゆっくりした時間と心がほしいなぁ、と。
そーゆーゆっくりも、あるのです(^^)

時間と言っても、まる一日観察しなくても
ここと決めたら帰り道の5分でもできるし。
だから、時間よりも心の方なのでしょうね。

以前、生徒さんたちを自然の中に連れて行き
色のカードを数枚渡して、
「同じ色のものを見つけておいでー(^^)」
という遊びをしたことがありました。
「探しながら自然をゆっくりと観察してきてね(^^)」
というのが本当の目的だったのですが、
それと意味合いは全く同じですね。
今はオヤジ一人でやってます、っと(^^;)


とか何とか書きながら、実は関東でも中継のある、
パリーグのプレイオフの中継を待ってるワタシ(^^;)
ま、ほら、それはそれ、これはこれって…(^◇^;)>

札幌の盛り上がりの裏で、今夜いったい誰が
神宮のヤクルト―横浜戦を観に行くのだろうか?
トホホ…(ToT)

では、明日もよい日になりますように。

この記事へのコメント

  • ぷー

    綺麗な秋桜ですね~~♪
    色がとっても綺麗で私の好きな色です。
    『ゆっくりとした時間と心』持てるといいですね~(*^_^*)
    私はゆっくりとした時間を持たせて貰ってますが・・・心の方はどうなんでしょう?と考えさせられました。
    スローライフいい言葉ですね~~
    2006年10月12日 18:30
  • まやま@房総

    ぷーさん、いらしゃいませ(^^)
    &お褒めの言葉、ありがとうございますn(_ _)n

    自分の心がゆっくりとしてるかどうかなんて、
    なかなか自分ではわからないですよねー。
    ワタシは、ゆっくりとした人たちとお会いすると
    自分はどうかな?と思い、あぁいうのいぃな!
    となることが多いですよ(^^)
    2006年10月13日 18:39

この記事へのトラックバック