第2回、奥様環境ブログキャンペーン(*^^*)

また手抜きだと思われそうですが…
昨日書いた環境ブログの記事を
そのままコピペしました(^^;)
けっこう参考になる…かなぁ?

(50)いつもの生活の中で、あれっ?と思ったこと≪コーヒー編≫

画像ワタシはレギュラーコーヒーも
好きなのですが、同じくらい
インスタントコーヒーも
こよなく愛してまして(^^)

で、ビンが空になったので
環境に良いと言われる
詰替のものを買おうと
思ったのですね。

実際にこれまでも何回か
詰替のアルミの袋のものを買って
ビンにつめていたのですが。 

「ん?あれぇ??待てよぉ???」
と思ったのですよー。
なぜかわかります?(^^)

ビンというのはリサイクルという観点で言うと
たいへん優等生です。
ちゃんと回収すれば、溶かして成型して
またビンとして何度でも使えます。

対して、詰替の袋のアルミは…。
アルミニウムは日本では日常のあらゆる所で
使われていますが。
これは立派な?希少金属です。
アルミニウムの原石であるボーキサイトは
とれる量がかなり少なくなっていると聞きます。

アルミの袋やアルミホイルなどは
確かに1つ1つの量は少ないでしょう。
でも、これらは使い終わればゴミ箱行き。
リサイクルされる仕組みは出来ていない。
アルミニウムは再生不可能な資源なのです。
デンマークではアルミの使用は禁止。
これは以前にも書きましたね(^^)

例えばこれが台所の液体洗剤の場合なら、
プラスチックの容器に、それよりプラスチックの
使用量が少ない袋に入った詰替用で補充すれば
プラスチックの使用量が節約できると思います。

でも、ビンとアルミで比較すると…
どっちがリサイクルの観点ではいいの??
もしかしてコーヒーの詰替用って、
買い物の時に重くないってだけじゃないのぉ?(^^;)

…と思って、結局今回はビンで買いました(^^)
あ、これが正解!というわけではありませんよ。
今回は自分が考えて、こう判断したというお話です。

「細かいことにこだわらなくても、
安いほう買ったらいいじゃん!」
という意見もあるかもしれません。
実際、今はそうしている人の方が多いでしょう。

でも。
アルミホイルがどんな場所で掘られたのだろう…
アルミニウムを作るのって、ものすごい電力を
使うんだよなぁ…
将来アルミニウムがなくなったら困るだろうな…

想像、≪イメージ≫できることはたくさんあると思います。
そしてそういうことこそ、未来を変えていくには
けっこう大切なことなのではないかと思うのです。
こういう≪問題意識≫を持って買い物するのも、
けっこう楽しいものですよ(*^^*)

みなさんも、いかがですか?(^^)

それでは今回も最後まで読んでくれてありがとうでした。
次回までシアワセにすごしてください(^^)/
-------------------------------------
あっちも、何とか50回書きました(^^;)

では、
明日もよい日になりますように。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2007年05月29日 14:08
おー!私も詰め替えの方が環境に優しいと思っていましたが、こういう考え方もあるのですね~。
人間、思いこみってあるじゃないですか~。そんなとき、ちょっと視点を変えてみると真実が見えてくるのかも知れませんね~。
次回は私も瓶のインスタントを買おうっと!!
2007年05月29日 18:33
なるほど言われてみればそうですよね。
私はコーヒーの空き瓶が捨てられず、ニケのおやつとか
調味料の保存用に使ってます。
詰め替えようはあんまり買いません。
まやま@房総
2007年05月29日 19:43
だらちゃん、ようこそ~(^^)/

そうなんですよ。上の記事はワタシも
「あ、そうか!」
と思って、そのままの勢いで書きました(^^)
洗剤の詰替とは少し事情が違うのですよね。

とか言いつつ。
アルミパックのスナック菓子などを
ビールのつまみに良く買いますし(^^;)
何より環境ブログの2つ前の記事で
安いコーヒーの問題点を書いたのに
ここでは「好きでーす!」と言っている…
まだまだ言ってることがいい加減ですね(^^;)>
まやま@房総
2007年05月29日 19:46
薫衣草さん、いらっしゃいでーす(^^)

>ニケのおやつとか調味料の保存用に使ってます。
=一番正しいやり方だと思いますね(*^^*)
環境的な考え方としても、リサイクルの前に
リユース=もう一度使う、ですからね。
何かに使えないかと考える。工夫をする。
そーいうの、とても大切です◎\(^^)/
2007年05月30日 09:00
とっても為になりました
m(__*)m

ありがとうございま~すm
まやま@房総
2007年05月30日 19:39
おタマmちゃん、ど~も~(^^)

情報として真偽の程は?ですが(^^;)、
考えて買い物しましょう!ってことで
お許しいただければと思います(^^;)>
2007年05月30日 21:39
なるほどなぁ~~。そういう考えもアリ!ですね。
洗剤は、なるべく詰め替えを買うようにしていたのです。
(その方が、若干お安いし・・・)
でも、その安いってのがトリック?で、詰め替えの内容量が随分少ない場合があるんですよ。
環境をとるか、家計をとるか・・・
地球に優しく・・・か、お財布に優しく・・・か悩み所。
結局、家計を優先してしまった私でした。^^;
2007年05月31日 01:51
なかなか考えさせられるお話でした。
ごみとして単純に捨てた場合というのしか、考えられてないですよね。
ゴミとは別の観点でいえば、詰め替え有利な点が1点あるんですよ。それは運送にかかる燃料の量。詰め替えはビンより軽いから、負荷が低い。
でも、もっと工夫と技術とで詰め換えが本当に資源を大事にでき、自然にそれを選べるように(値段も重要)社会がなるといいなあとは思います。
まやま@房総
2007年05月31日 19:19
Sママさん、ようこそ~(^^)

ハイ、「そういう考えもアリ」で十分です。
「これが正解!」ではないので、決して。
企業も儲からなければいけないですしね(^^;)
家計も大切なので、できるところからですね(^^)
まやま@房総
2007年05月31日 19:29
assamさん、いらっしゃーい(^^)

>運送にかかる燃料の量。
>詰め替えはビンより軽いから、負荷が低い。
=その通りでございま~す!!n(_ _)n
ビンの話で言うと…
宮古島はビール瓶を回収していませんでした。
空の瓶を本島のビール工場まで持ち帰るのは
船便でも経費がかかり過ぎるからだそうです。

…続きを書きたいのですが、あまりにも
長くなりそうなので、今日の記事にします(^^;)

この記事へのトラックバック