ペルセウス座流星群、13日にピーク

画像グダグダネタが多いので、
夏休みにお子様達に役に立つ
自由研究ネタをお一つ。

-----(以下、web記事より抜粋)-----
ペルセウス座流星群、13日にピーク

「三大流星群」のひとつで、
8月に観察できるペルセウス座流星群が、
13日に活動のピークを迎える。
今年はちょうど新月に当たるため、
月明かりに影響されずに流星が観察できそうだ。

流星は、宇宙空間にある直径1ミリ~数センチほどの
チリの粒が地球の大気に飛び込み、摩擦で光る現象。
ペルセウス座にある「放射点」から飛び出すように見える。

国立天文台によると、暗い夜空で晴天に恵まれれば、
1時間に30個以上の流星が見えるという。
ペルセウス座の高度が高くなる午前0時過ぎから
明け方にかけて多くの流星が見られそうで、
「13日の明け方がねらい目」だという。
----- ----- -----


見るために準備をするには
昨日書いたほうが良かったかな?(^^;)
見たい子は、昼寝して夜起きてください(^^)

ワタシは…起きてられるかもそうだし、
北側に明るい街が多いから…(^^;)

今日はお盆唯一のお出かけで、
アジア一暑い街!?新宿へ行きます。
これについて明日、記事を書くと思いますが
ヒドイ内容になると思うので今日はマジメに(^^;)

今日は昨日より2℃も低くて!35℃…(^^;)
新宿で死なないだろうか、心配…(--;)
みなさまも涼しくお過ごしください。

では、今日&明日もよい日にお過ごしください。

この記事へのコメント

  • ロ~ズ

    東京の空からなんですね
    毎日、下ばかり見ている気がしました

    今、東京で30代の男性熱中症で路上で死亡のニュースをみました
    まやまさんでないことは解っているのですが
    無事帰ってきてくださいね(^_-)-☆
    2007年08月12日 13:00
  • まやま@房総

    ロ~ズさん、ただいま帰りました(^^)
    ご心配いただいてるので、夜のうちに書きます(^^)

    東京でも高台で、できれば北側が暗い所なら
    見えるかもしれないですね。
    新宿もたくさんの人が炎天下の路上で寝転んでいて
    寝てるのか何なのかわからない状態でした。
    ワタシは宮古の夏を知ってる人間なので
    何てことなく歩きました。ご心配なく(^^)v
    2007年08月12日 21:50

この記事へのトラックバック