教育の理想と現実…

以下、web記事より。

--+-- --+-- --+-- --+-- --+--
寮生1人ヤギ2頭 生徒離れ深刻 山梨の私立自然学園高

自給自足の寮生活による
「個性的な人づくり」「偏差値教育からの脱却」を掲げ、
1993年に山梨県北杜市に開校した私立自然学園高校が
存続の危機に直面している。全寮制のはずだったが、
寮で暮らす生徒は昨年5月末から1人になってしまった。
3年前から通信制を設け、今年度からは通学もできるようにした。
だが、思うように生徒は集まっていない。

(中略)
自然学園高校は長野との県境に近い標高1100メートルの山間にある。
校舎から山道を5分ほど歩いたところにある寮の一日は午前6時半過ぎ、
西条隆繁理事長(76)と一緒に外でのラジオ体操が日課だ。
新年は8日から始まり、氷点下の日が続く。零下9度の日もあったが、
それは変わらない。洗濯は手洗いで、風呂はまきでたく。
テレビはなく自給自足の田畑にヤギが2頭いる。

寮で一人で暮らすのは東京都葛飾区出身の男子生徒(15)。
今年度の新入生だ。1泊2日の入試では学科試験のほか、
農作業やトイレ掃除も試された。
昨春は5人が受験し、2人が合格したが、
もう1人は5月末に通信制に移り、9月末に別の高校に転校した。

寮に残る生徒が入学したきっかけは
「勉強以外の色々なことを教えてくれる」
と父親に勧められたからだった。
「何もない生活と寂しさ」で
入学当初は毎日のように実家に電話をしていた。それでも
「読書をしたり、ヤギの世話をしたり、
東京ではできない生活がおくれるので、成長できる気がする」
と話す。

西条理事長は旧国鉄でリニアモーターカーの研究に携わった後、
芝浦工業大学教授に転身。大学を辞め、
私財3億円を投じて93年春に開校した。
初年度は23人が入学。北海道や沖縄からも集まり、
ピーク時の96年度には77人(定員84人)まで増えた。
その後は減少する一方だ。

(中略)
西条理事長は「理念を変えるつもりはない」
とし、来年度も募集を続けている。
見学者はいるものの、22日現在、出願者はいないという。
--+-- --+-- --+-- --+-- --+--
画像
西条理事長とは講演を拝聴して以来最近まで
年賀状をやり取りさせていただいてました。

かつて『ニュースステーション』で学校が紹介され、
あの辛口の久米宏氏に
「ひさしぶりに信念の人を見た気がします」
と言わしめた方です。

ワタシもこの方の考えに近いので、
「今の世の中ではやっぱり理想論でしかないのかな」
とも思いますが…。
何とか存続してほしいと願ってます(-人-)


寒い…真っ白な孤独だ…
今夜も貴女は来ないだろうか…
近藤~正臣です(^^;)
お風邪などお召しませんように。

明日もよい日になりますように。

この記事へのコメント

  • 薫衣草

    飽食の時代に育ちなんの不自由もなく
    義務教育を受けてぬくぬくと育った子供たちには
    一泊二日程度の体験学習程度なら面白いのかも
    知れませんが三年間ともなると二の足を踏むのでしょうかね?
    そのたった一人の寮生には頑張って卒業して欲しいですね。
    入寮者もどんどん集まるといいですけど。
    2008年01月25日 22:47
  • まやま@房総

    薫衣草さん、おはようです(^^)
    同感ですね。そして子どもたちと言うより親世代が
    (ワタシもその世代なのでしょうが(^^;) )
    「ここまでしなくてもいぃだろう」
    なんじゃないですかね?親も飽食の時代育ちですから。
    短期間の体験学習は面白い程度でしかないというのは
    まさしく同感で、ワタシもそれほど意味があるとは
    思っていないです。
    理念は良いと思うので、頑張ってほしいですね(^^)
    2008年01月26日 09:16
  • だらちゃん

    うーん、親として三年間はやっぱり二の足を踏むかもなー。
    大学生になればイヤでもここら辺りの子供達は親元を離れていってしまいます。いずれそういうときが来るのだから、なるべく自分の手元もおいて起きたいという気持ちも私にはありまして・・・。
    主旨は理解できるし、その三年間でとても貴重な体験をするのもわかるのですが・・・・。自分の子に置き換えるとどうもねー。ヘタレな親なんでしょうか・・。
    2008年01月28日 13:49
  • assam

    3年間はやっぱり考えちゃいますね。
    自然の中で暮らすのも貴重な体験だけど、普通の高校で人にもまれるのも、その年頃の子にすれば、貴重な体験と言えそうですし。
    1年なら、留学と同じような感覚で集まりそうな気するけど、それでは、この学園の真髄は見えないのでしょうね。
    今年の出願者増えるといいですよね。
    2008年01月28日 16:23
  • まやま@房総

    だらちゃん、いらっしゃい(^^)
    難しいですよね、確かに。
    親にかなりの理念と確信がないと
    踏み切るのは難しいかもしれないですね。
    自分のことを考えても、高校生って
    まだ子どもですしね(^^;)
    ただ、こういう選択肢は残しておいて
    もらいたいなぁ、とは思うのです…(^^)
    2008年01月28日 19:04
  • まやま@房総

    assamさん、ようこそ(^o^)
    1年ってのは、ワタシなんかは
    良いアイディアかも?と思いますよ(^^)
    選択肢を増やすというのは大切かも。
    頑張って存続してほしいと思います(^^)
    2008年01月28日 19:09

この記事へのトラックバック