21世紀のファーブルへ

画像クリスマスの準備が終わったので
反動で今日も更新してます(^^;)
で、その贈り物のウラ話…

贈り物をした何人かの元生徒さんへの手紙に
こんな文を添えてみました。

--+-- --+-- --+-- --+-- --+--
ここで私がいう「言葉にする」というのは、
たとえば自然を言葉にすることである。
ファーブルはそれをした。
『昆虫記』のようなものを、いまの人が書けるだろうか。
「一日中、田舎道に座り込んで、
ハチを眺めている暇なんかない」。
現代の都会人なら、そういうに決まっている。
「そんなことをしていたら、仕事を首になる」。
それならファーブルはどうだったかというなら、
貧乏な田舎教師だった。
「身近にハチなんかいない。興味もない」。
それはわかる。
「そんなものを観察して、ハチの生き方を言葉にしたからって、
それがどうだというのだ」。
だから「生き方の問題」だといったのである。
「都会で忙しく働いているあなたと、ファーブルと、
どちらが人間の生活を豊かにしたと思いますか」。
それが私の尋ねたいことなのである。

(『いちばん大事なこと』養老孟司より)
--+-- --+-- --+-- --+-- --+--

この本を読んだ時に、
「あ、あの子はファーブルだな」
と思った子がいたもので、
「ファーブルなんて、どう
と。

これを読んで何が伝わるか、
なんてことは考えてません。
思いつきです、ハイ(^^;)
あ、本は下にリンクはっておきます

今日あたり、届いてるんだろうなぁ~(*^^*)


今朝の天気予報は
「午後からは晴天で一日暖かいでしょう」
現在、雨まじりの曇天です…
お出かけしたいのになぁ(--;)

では、今日&明日もよい日になりますように。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント

  • Sママ

    ステキなサンタさんですねぇ~
    ワタシも子供へのプレゼント、本にすること多いです。
    本を選ぶのに頭を悩ませますが、それも楽しみのひとつ。
    ワタシ目線で選んだ本、読んでくれない事も多いけど
    いつの日か手にとって、母の伝えたい事知ってくれたら
    なんて、思いつつ・・・です。
    2008年12月20日 15:49
  • まやま@房総

    Sママさん、おはようございまーす(^^)
    贈る本はワタシはどうしても環境ものに偏りますね(^^;)
    彼らが大人になる頃にけっこうタイヘンになってたとしても
    今から芽を出しておけば対応してくれるのでは?って。
    実はワタシも、子どものころ本をいただいても
    読まないことが多かったのですよ(^◇^;)>
    それで怒られたりすると
    (だったらいらねぇよ…)とか思ったりして(^^;)
    だから贈ったら贈りっぱなしにしてます、あえて(^^)
    2008年12月21日 07:47
  • 散歩おじさん

    社会的にどんなに忙しく働いている人がエライと評価されても、里山の奥で畑を耕し鳥の声を聞いて過ごしている人とどちらが人間らしい生活をしているか?
    ファーブル昆虫記しかり、星の王子様しかり、これらの本が私たちに警鐘を鳴らしているのではと最近思います。
    2008年12月21日 12:47
  • あっこ

    現代生活が便利になりすぎて、何事によらず考えなくてもすむようになっていますが、この便利さって、何か突発的なことが起こったら、生きていくための知恵が働きにくく、生き残りサバイバルができにくいのでは。
    たまには自然を感じながら生活するって大事なことだと思いますよ。
    2008年12月21日 17:19
  • まやま@房総

    散歩おじさん、ようこそです(^^)
    里山を散策されている散歩おじさんには
    わかっていただけると思ってました(^^)
    人間らしい。確かに昨今起こる事件の数々は
    非人間的なものが多いですしね。
    ファーブル、星の王子様そしてモモなんかも
    警鐘を鳴らしている本ですね。
    時々読むようにしています(^^)
    2008年12月21日 17:41
  • まやま@房総

    あっこさん、いらっしゃいませ(^^)
    いま突発的なことが起こったら、大人も子どもも
    パニックになるだけでしょうね。
    災害などでなくても、今の子が社会の中心になる30年後は
    今とずいぶん様子が違うと思います。
    石油はあと40年くらいだといいますし…。
    物質的な豊かさから転換せざるを得ないとしたら
    新たな価値観はどこを目指したらいいのか…
    とかムズカシイことを考えつつ本を選んでます(^^)
    生活のどこかに自然を感じられるのが良いと思います(^^)
    2008年12月21日 17:46
  • パーリーブルー

    本が伝えたいことが本当に実感としてわかるのは、ずっと後だったりすると思うんですが、本の良さは何度でも読み返せることですよね。
    忙しい時も、あるひとつのフレーズが心に残れば人生変わるかも・・
    今日は一転、強風の曇天です。
    お友達が東京から来ているというのに・・・
    2008年12月22日 09:47
  • まやま@房総

    パーリーブルーさん、いらっしゃーい(^^)
    そうですね、ワタシも今じゃなくても
    いつか思い出して再び手にとってくれることが
    あるかもしれないと思ったりします(^^)
    一つの本から一つのフレーズを学ぶ、
    というのはワタシも聞いたことがありますよ(^^)
    沖縄の冬は基本的に曇天ですよね、
    野球のキャンプには向かないという気も…(^^;)
    2008年12月22日 19:08

この記事へのトラックバック