生き物がたくさんいることは…

画像週末に行った田舎の山は
都会ではあまり見なくなった
生き物がたくさんでした(^^)

都会が都会になったのは、
つまり日本が都市化したのは
だいたい昭和30年代からで
せいぜい5~60年前です。
…お勉強っぽくなってますが(^^;)

日本で言えばその前の
縄文とか弥生とかの時代から
農耕民族だったのだから
その歴史の方がずっと長い。
いろんな生き物もそれより前から
ずっと人とともに生きてきたはずで。
画像
それらの生き物というのはつまり
人間が生き続けるのに適した環境を
自然が提供してくれていることを
示す存在と言えるワケです(^^)b
多様な生き物が生きられる環境は
人間にも生きやすい環境なのですね。
これがいわゆる『生物多様性』が
重要な理由の簡単バージョンです(^^;)

現在の都市部の生き物の少なさは
だんだん人間が住みづらい場所に
なりつつある証拠とも言えそうです。

そんな生物多様性が残っている場所を
保全しようという企画に行ったのですが。
結局「大人の昆虫採集」だったかも!?(^_^;)>
まぁそれはそれでね、楽しかったし。
また行きたいと思います(*^^*)

あ、この後写真もう一枚
カエルのドアップ載せます。
体長5cmくらいのモリアオガエル
苦手な方はいつもの終りのセリフより
下にスクロールしないでねd(^o^;)

では明日も、1生1度の1日を 総て良き日であるように(^^)


画像





カエルっ!(^^;)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2010年07月12日 21:23
カエルさん、気の枝でまったりくつろいでいるように見えます。
今日も、お茶花探しで林の縁を歩きましたが、トンボ、蝶、バッタ、蛙、色々見ました。
田んぼに水が少なく、ひび割れ地面が見えていました。
こちらは、まとまった雨が降らないで、パラパラ程度ですから、ひと雨、ほしいところです。
2010年07月12日 21:54
よかった。タガメとかのどアップじゃなくて(^^;;
爬虫類系は大丈夫です。
まやま@房総
2010年07月12日 22:29
あっこさん、こんばんは(^^)
生物の専門の先生とともに観察することができたので
「こういう時は動かないから」とアドバイスをもらって
ドアップで撮ることができました(^^)v
やはりくつろいでいたのでしょうね、この後捕まえて
手の上で観察したら口開けて抵抗してました(^^;)
林にいる生物、田んぼにいる生物、どれも大切です。
気候の変化もそれらに影響するでしょうね。
まやまん@房総
2010年07月12日 22:31
みやびー、ようこそ~(^^)
あ、そうか。虫ダメなんだっけ?
だったら先日のガムシの時は平気だった?(^^;)
ここではトンボとかは多かったけどね。
千葉の田んぼではミズカマキリは見たなぁ、
載せる場合は今回のように注意書きしないとね(^^)
2010年07月13日 01:18
まやまさん、カエル大丈夫です、見るのは。捕まえろといわれたら大きいのはだめです。チビッコなら大丈夫ですが。
カエルの生きてるのは久しぶりにみました。晴れた日に戻れなくてお亡くなりになった、干物なら時々見かけますが...
まやま@房総
2010年07月13日 18:32
assamさん、いらっしゃーい(^^)
カエル大丈夫で良かったです(^^)この大きさなら
ぎりぎり平気かな?可愛らしかったですよ!
ワタシも先日、巨大なカエルが仰向けで道路で
お亡くなりになってるの見ましたよ(^人^;)
ロ~ズ
2010年07月13日 21:56
こんばんわ
私も先日、生き物がすみにくいってことは人間も住めなくなるのではと話していたことです。

ゴキブリ、ねずみ、今年も出で居ません
田舎の実家では1件に蛇が1匹はいたんですけどね、最近はいないようです

まわりに今まで住んでいた生物の姿が見えなくなるのも寂しい物ですね

カエルちゃん~超かわいい
ぺったんこのカエルは見たくないです^^;
まやま@房総
2010年07月13日 22:40
ロ~ズさん、いらっしゃいませ(^^)
ゴキブリもねずみもいないってのはすごいですね!
ウチはゴキさんはまだまだ健在ですよ(T▽T)
日本も広いもので東京近辺では見られなくなった
動植物が場所によっては残っていまして
そういう所に行ってたワケです(^^)
このモリアオガエル♂は可愛いでしょ?
目の周りなんか見ると金運上がりそうな!?(^^;)

この記事へのトラックバック