海に干潟が必要な理由

画像
先日、三番瀬に行った時
見せてもらった実験です(^^)

2つの水槽があります。
両方に濁った水を入れます。
(この時はお米のとぎ汁)
片方には貝が入っていて
もう片方は水だけです。

さて、しばらく経ったら
水はどうなるでしょう?

さぁみんなで考えよー(^^)/


画像
正解は…
はい、この通り~

川から流れてきた栄養で
植物プランクトンが育ちます。
植物プランクトンやその他有機物を
貝や蟹など干潟の生き物が
食べてキレイにしてくれるおかげで
干潟や海水はきれいに保たれます

詳しく書こうと思ったのですが、
ワタシ実は既に環境ブログで
書いてるのですねー(^^)
宮古島を舞台に書いた記事は<こちら
ちなみに森~川~海とつながる
食物連鎖のお話は<こちら
時間のある時にご覧ください(^^)

久々登場の環境ブログ。
実は最近COP10でも話題の
『生物多様性』をテーマに
再開しようと思ってるのですが。
…難しくってなかなかまとまらない(T▽T)
どういう切り口で話をはじめて
どうわかりやすく書けばよいか、
迷ってる状態ですが。
でもこうして書こうとしてるのを
書いちゃったので頑張ります。
そのうち再開します、多分(^_^;)>


今日も良い天気でした
日中は11月にしては日差しが強く
感じるのですが、これも温暖化のせい?
でも日が落ちるとやっぱり寒いので
帰りはしっかり防寒して自転車です

では明日も、1生1度の1日を 総て良き日であるように(^^)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

  • みやびー

    へぇぇ干潟にはそんな働きがあったんだ(@ ̄Д ̄@;)
    知らんかった。
    2010年11月10日 19:48
  • まやまん@房総

    みやびー、いらっしゃーい(^^)
    いぃねぇー!そういう感想書いてもらえると
    書いた方も良かったなと思えるわー(*^^*)
    詳細は環境ブログの方を読んでねー(^^)/
    2010年11月10日 20:24
  • あっこ

    環境ブログ読ませていただきました。
    まやま@房総さま、単なる環境おやじではなかった!
    谷津干潟で鳥を楽しむ私ですが、干潟ってこんなにも環境に影響を与えているとは。
    良く見る貝やカニさん、小さい体で、大きな仕事をしているって思いました。
    陰陽五行説の、木火土金水(ぼっかどごんすい)を思いました。
    木が燃えて火になり、やがて土に帰り、それが長い年月で土中に金属物質を含ませ、その金属物質を含んだ土の中を通った地下水を吸い上げて木が大きく育つっていう、いわゆる環境連鎖をとなえた考え方なんですね。
    2010年11月10日 22:14
  • assam

    まやまさん、勉強になりました。
    干潟は仕事してると聞いてもよくわからなかったけど、水槽で見るとこういうことかとものすごく納得。
    生物多様性は、まとめようと思うと難しいですよね。1種類しかいない状態はバランスが取れない状態でよろしくないってのが私の認識ですが。
    2010年11月11日 02:13
  • まやま@房総

    あっこさん、いらっしゃいませ(^^)
    &お褒めいただきありがとうございま~すm(_ _)m
    いやいや、単なる環境オヤジですけどね。
    干潟の大切さ、それを壊し続けた近代化の乱暴さなどが
    伝わるといいなと思います。
    環境ブログはこのブログのトップページの左上にある
    「つながっているお話」のバナーをクリックしていただくと
    全編読めるようになってます。最近は更新が滞ってますが
    けっこうなボリュームなのでおヒマな時に、ぜひ!(^^)
    陰陽五行説は、元々そういう意味なのですねー。
    勉強になりました、ありがとうございます(*^^*)/
    2010年11月11日 19:38
  • まやま@房総

    assamさん、ようこそです(^^)
    ワタシがやっていた環境教育はおもに部屋の中ででしたが、
    やはりこうして現場で実験してみるとインパクトありますね。
    生物多様性は、結局世界中でも「わからない」から対策が
    進まないというのが実際だと思います(^^;)
    1種類だとその種が病気などで絶滅したら全部がおしまいですから
    おっしゃるとおり、よろしくない状態ですね(^^)b
    2010年11月11日 19:42
  • パーリーブルー

    色々なことを知ると物を見る眼が変わってきますよね。
    ゴルフ好きには環境破壊という言葉がいちばんグサッときます。
    きれいなグリーン見てるだけで健康になる気がするゴルフ馬鹿はどうすれば・・^^;
    私が尊敬するシェフはそれが理由でゴルフが嫌いだと言ってました。
    当時まだゴルフをしてなかったので、そういうものなのかと思ってましたが・・。
    2010年11月12日 00:17
  • チィチィ

    な~る程(~o~)そうなんですか。
    実験結果を見てよ~く分かりました。宮古島のレポートも読みかけたのですが、これから支度してストレッチ体操に出かけます。今度ゆっくり読ませて頂きますね。
    2010年11月12日 07:52
  • まやま@房総

    パーリーブルーさん、いらっしゃいませ(^^)
    ゴルフがイギリスではじまったのは、気候が寒冷で
    手入れしなくてもコースの草が短く保たれるかららしいです。
    モンスーンの日本本土は除草剤まかないとすぐ藪ですし、
    まして亜熱帯の沖縄では…ジャングルになりますからね(^^;)
    ゴルフには健康になる面もちゃんとありますからね、
    東京の都市部の方が環境に悪い気もします(^^;)
    2010年11月13日 08:02
  • まやま@房総

    チィチィさん、いらっしゃいませ(^^)
    目の前で水の色が変わっていけば、理解しやすいですよね。
    これが体験学習の大切なところです(^^)b
    環境ブログの方は、かなりボリュームありますから
    よほどおヒマな時に読んでいただければと思います(^^;)
    2010年11月13日 08:04

この記事へのトラックバック