やっぱりノート違ってる?(^^;)

『クローズド・ノート』、
DVD観てみました(^^)

ロ~ズさん
「まやまさんが見てよかったらみてみたいです」
とコメントくださったこともあって
観てみることにしました。

感想。
「竹内結子主演の映画と
思って観ればいいかな」(^^)

竹内さん演じる小学校の先生は
原作者・雫井脩介氏の
実際に小学校の先生だった
お姉さんの実話を基にしてるとか。
その点に注目すると良い映画では(^^)

んで、問題の沢ナントカ。
確かにヘタとは思わないし
何だかんだで可愛いなぁ、
とは思いました(^^;)…が。
原作の主人公を彼女「が」演じるというより
彼女「で」演じていたというか。
やっぱ、原作の主人公とイメージが
違うんだよなー、と。
(相手役の男優さんもちょい違う気したし)

ま、演者より演出する人の意志が
こういう場合大きいとは思いますし、
やっぱり原作読んでから映画観ると
描ききれない部分が多くなるから、
特に原作のファンが観ると
不満も多くなるんだろうなー、と(^^;)

ちなみに。
この映画の発表は2007年9月。
その約1年後の2008年10月に
原作者の雫井脩介氏は
『犯罪小説家』という作品を発表します。
その内容が、原作者とそれを映画化する
監督がもめるというもの(^◇^;)
…よっぽど『クローズド・ノート』の映画の
出来が不満だったのかと勘繰りたくも
なりますがね、真相は知りませんが(^^;)

原作→映画の順だとどうしても
こういう判断になりがちでしょうから、
次は映画→原作の順で試してみます。
より公平な判断が出来ると思いますので(^^)

ちなみに、『ルパン三世』は
原作より映像の方が好きなワタシです(*^^*)
画像

今日の画像は鳥さん。
一瞬近くの枝に止まったので撮影して
確認したら意外ときれいに写ってました(^^)
何て鳥さんかわかったら教えてください、
けっこう小柄な鳥さんでした(^^)

今日はゆっくり家のことをして
後は本読んで休んでました。
暑いし、充電しないともたないから(^^;)
休み休み、猛暑を乗り切りましょう(^^)/

では明日も、1生1度の1日を
総て良き日であるように(^^)

犯罪小説家 (双葉文庫)
双葉社
雫井 脩介

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 犯罪小説家 (双葉文庫) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2011年08月15日 10:15
まやまさん、ノート違ってましたか。
映画はみてないのでなんともいえませんが、沢○...はあの後の印象が強いのかもですよね、この会見でやっちまったわけだし(笑)
あれ以降、中途半端な人ですよね。プライベートはお騒がせでも仕事はものすごくてってを期待しただけにがっかり芸能人の一人です。
こうなったら、デスノートも漫画読んでからみるってのはどうでしょう。
こちらは、男性二人は裏切らないと思いますよ。
松山ケンイチは、そのままだよって思えたし、藤原竜也は配役聞いたときに、いいとこきたなと思ったので。
まやま@房総
2011年08月15日 20:33
assamさん、いらっしゃいませ(^^)
おっしゃるとおり「別に」の悪い印象があるので
どうしても悪いイメージで観ちゃってるのでしょう。
原作のドジな女の子でなく、彼女のキャラクターで
役をやらせたのは監督さんでしょうし(^^;)
『デスノート』近くにあったなぁ。観ようかな?(*^^*)
ちなみに同じ雫井氏原作の映画『犯人に告ぐ』も観ましたが
こちらはトヨエツさんが好演してよかったですよ(^^)b
2011年08月23日 22:28
ご無沙汰してます。
なんだかバタバタしてました(^^;)
ようやく落ち着いてきたので復活です♪
『クローズド・ノート』観たのですね~
私も機会があれば観てみようかなぁ~例の彼女の印象が強過ぎてなかなか…
この鳥さんは…
すいません。たくさん鳥見にしてるのに分かりません(T▽T)
もしかしたら、キビタキの若い子かもです。
あくまでも『かも』です(^▽^;)
まやま@房総
2011年08月23日 23:14
ぶんぶん丸さん、いらっしゃいませ(^^)
ワタシもバタバタしてました、ってかまだしてます(^^;)
『クローズド・ノート』もしお時間があるなら
ぜひ原作本をお勧めしますよ(^^)b
鳥さん、東京都渋谷区在住でした(^^)

この記事へのトラックバック