『永遠の0(ゼロ)』

この時期に読んで良かった本でした(^^)

「娘に会うまでは死ねない、妻との約束を守るために」。
そう言い続けた男は、なぜ自ら零戦に乗り命を落としたのか。
終戦から60年目の夏、健太郎は死んだ祖父の生涯を調べていた。
天才だが臆病者。想像と違う人物像に戸惑いつつも、
1つの謎が浮かんでくる―。
記憶の断片が揃う時、明らかになる真実とは。


いわゆる戦争ものの小説です。
少し前にここで『影法師』をご紹介した
百田尚樹さんのデビュー作です。

画像戦争関連の活字ものをちゃんと読んだ記憶は
正直言ってこれまでにほとんどなく。
自分の精神がもたないと思ったのですね。
避けていた、と言ってもいいかもしれません。
この時期にニュースを観たり、ドラマを観たり
その程度でした。
この本を買おうと思ったのも実は
時間をつぶさなきゃいけなかったので、
というだけの理由。それでもこれを選んだのは
気になってはいたのでしょうけど。

確かに小説でありフィクションなのでしょうが、
百田氏のノンフィクションを以前読んだ時に
その取材力の確かさは確信していたので、
真実の部分もかなり含まれていると思います。
戦争当時の人々が思っていたことや
当時の社会情勢などがわかります。
宮崎駿監督の最新作『風立ちぬ」の主人公、
零戦設計者の堀越二郎の名前も
チラッと出てきたりします。

悲惨な時代にこういう人物が
本当にいたのかなぁ、いたらいぃなぁ、
少しだけ救われる気持ちになるなぁ、と。
最後には小説ならではのどんでん返しも
待っていて、文庫版600ページ弱は
3日ほどで読み終われました。
原爆の日、終戦記念日と続くこの時期、
よく効いた冷房の中で読んでみては?

なお、ぜひ文庫版で読むのをお勧めします。
なぜなら解説を一昨年にお亡くなりになった
無類の本好きであった児玉清さんが書かれているから。
この後書きも素晴らしいので(^^)

そして。
忙しくて本を読む暇のない方は
年末に映画として公開されます。

映画『永遠の0』公式サイトはこちら

特報映像が観られます。
バックに流れるのは、復活した
サザンオールスターズの『蛍』。
それがまた良くてウルッときました
映画もぜひ観たいと思っています(^^)
※YouTubeのサザン公式チャンネルに
短いバージョンですが映像がありました。



今日も暑かった関東です
これは我慢しちゃいけないですね、
もはや我慢が美徳の時代じゃないです。
暑さは続くようですが、乗り切りましょー(^^)

では明日も、1生1度の1日を 総て良き日であるように(^^)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2013年08月08日 22:01
まやまさん、読書もされてますね。
私もこの本は読んでみたいのですが、ちょっと時間がなくて。
戦争ものはこの時期に読まないとって気にはなります。
夏休みの宿題みたいですかね(笑)
いい話はすぐにドラマや映画になりますが、原作に触れてから、映像みたいなあって思いますね。映像がよくて小説が出た場合は、映像からかな。
まやま@房総
2013年08月08日 22:46
assamさん、いらっしゃいませ(^^)
最近はフィクションの読書が以前より多くなりました。
時間がないようならぜひ映画を!公開は冬ですけどね(^^;)
映像と原作を比較して怒るファンがいますけど、
ワタシはけっこう比較を楽しんでます(*^^*)
2013年08月09日 01:34
読書はとんとご無沙汰です。
私生活忙しすぎてってことにしといてください。
二十日まで暑くてその後は少しマシになるのでしょうか?
そうあってほしいです、ぶっ倒れたくありません。
まやま@房総
2013年08月10日 09:33
らべさん、いらっしゃいませ(^^)
今お忙しいですもんね。年末に時間が出来たらぜひ映画を。
映画行かなくても来年にはDVD出るでしょうから、それでも(^^)
20日頃まで暑い、それで終わってほしいですねぇホント!
今日の天気予報は日本中が猛暑日でコワいくらいです。
東京は昨晩、最低気温が30℃だったようですよ(T▽T)
2013年08月10日 14:14
日本列島が真っ赤っかですね。
読書は涼しい環境でないと・・なんて思ってると冬になっても読む習慣がついてないような。^^;
涼しい本屋さんでちょこっと立ち読みが限界です。
この時期にオンエアされる戦争関連のTV番組を見るくらいですね。
まやま@房総
2013年08月10日 16:35
パーリーブルーさん、いらっしゃいませ(^^)
読書はワタシは主に冷房の効いた電車の中でです(^^;)
読書も興味のあるものがあれば、で良いと思いますよ。
来年DVDが出たら、『真夏の方程式』と一緒に、ぜひ(*^^*)
日本列島ホントに真っ赤ですね、山梨・甲府では40.7℃とか
あと10日ほど高温が続くようで、思いやられます。
10日後から涼しくなるのか、かなり疑問ですしね(^^;)
2013年08月11日 10:22
私は若い頃に40℃は当たり前の職場での経験があるので、夏の暑さには強い意ですよ。でも読書中は冷房が欲しいです。(笑)
戦争中の事が書かれた本も、若い人達に読んでほしいですね。
まやま@房総
2013年08月12日 00:48
乱歩さん、いらっしゃいませ(^^)
40℃が当り前の職場ですか、それはすごいですね!
読書をする時には涼しい方が理解が進むでしょう(^^)
『永遠の0』はワタシも若い人に読んでほしいと思います。
…自分が戦争もの読んでなかったのに勝手ですけど(^_^;)>

この記事へのトラックバック