2014プロ野球順位予想・前半戦チェック(^^)b

久しぶりにオールスター戦を
のんびり観られました
F大谷とT藤浪、2人の20歳は
すごいなぁ~、と思いました(*^^*)

写真は昨年の観戦分から
画像画像














大谷クンは162キロ投げてましたからね。
公式戦だったら日本歴代最高速タイ記録です
今年中にまた観る機会があればと思ってます(^^)

解説の工藤さんと古田さんも言ってましたが
我々の世代が20歳くらいの頃は
150キロ投げる投手も数えるほどだったのに、
今は投手がほぼみんな150キロ超投げて
そして高卒2年目の投手が160キロ超を投げる…
しかも、野手がそれを打ち返しますからね。
今日なんか最終スコア(パ)12-6(セ)ですし
野球や他のスポーツも、これから若い世代が
さらに進化させるのでしょう(*^^*)

で。オールスター休みってことで
シーズン前にした順位予想は前半終了時点で
どんな感じかを確認しておこうかなと(^^)b

セリーグから。
<2014予想>
優勝 読売ジャイアンツ
2位  東京ヤクルトスワローズ
3位  中日ドラゴンズ
4位  広島東洋カープ
5位  阪神タイガース
6位  横浜DeNAベイスターズ

<2014前半終了時順位>
1位  読売ジャイアンツ
2位  阪神タイガース
3位  広島東洋カープ
4位  中日ドラゴンズ
5位  横浜DeNAベイスターズ
6位  東京ヤクルトスワローズ

予想の時、こんなことを書きました
前半戦は昨年のような順位で、
終盤になるにつれ予想した順位に
なっていくのでは?と予想します(*^^*)b


カープとタイガースに開幕時の勢いがなくなり
ジワリジワリとドラゴンズが来てます。
…予想通りですねぇ~(^^)d
言い訳したいのは2位予想のスワローズ。
2月のキャンプ時にはエース館山投手が
開幕からと言われていたのに、今季絶望
昨年最多勝の“ライアン”小川投手が
ケガで数ヶ月戦列を離れました
これでは最下位も仕方がないところかと。
打線は良く打っているんですけどね。
そして、そのチームと最下位争いするチームって…

次。パリーグ。
<2014予想>
優勝 千葉ロッテマリーンズ
2位  東北楽天ゴールデンイーグルス
3位  北海道日本ハムファイターズ
4位  福岡ソフトバンクホークス
5位  埼玉西武ライオンズ
6位  オリックスバファローズ

<2014前半終了時順位>
1位  オリックスバファローズ
2位  福岡ソフトバンクホークス
3位  北海道日本ハムファイターズ
4位  千葉ロッテマリーンズ
5位  埼玉西武ライオンズ
6位  東北楽天ゴールデンイーグルス

あははは、最下位予想が首位走ってま~す(^▽^;)>
一年でチームを立て直したバファローズの
森脇監督がすごい、とは思いますが。
実は現時点で、昨年の順位と比較すると
AクラスとBクラス各3チームが総入れ替え!
今の順位を逆さまにするとほぼ昨年の順位という…
こんなの、予想が当たるワケないっ
まぁ、それだけ面白いペナントレースってことでしょう(^^;)

秋までにどうなるか、観ていこうと思います(*^^*)


関東の週末は曇り空時々豪雨
でも湿度は高いものの気温はそうでもないので
何とか凌げる感じです(^^)
この3連休にお出かけの方は難儀でしょうが
過ごしやすければ何よりと思うワタシ(^^;)
ともあれ、皆さま良い連休をお過ごしください(*^^*)

では明日も、1生1度の1日を 総て良き日であるように(^^)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

2014年07月20日 03:00
三位と五位は当たってますね。
勝負は時の運とか、蓋を開けてみないと解りませんね。
投手は肘を痛めるものなんですかね?
投げるのが商売だから投げるなという訳にはいかず。
2014年07月20日 12:05
まやまさん、中盤ですからね。
それにしても、パリーグはなかなか予想が難しくて面白いことになってますね。
昨日、オールスターは見てないのですが、162kmは見たかったです。
でも、速球の投手の選手寿命ってどうなってくるのでしょうか。そこは気になるところです。
まやま@房総
2014年07月20日 21:56
らべさん、いらっしゃいませ(^^)
そーなんです。3位ファイターズの復調と5位ライオンズの低迷、
そこを読んでいるところは褒めてもらいたいです(*^^*)
投手は肘や肩を痛めやすいですが、今は肘が多いですね。
説明わかりづらいかもですが…
投球の腕を振る動作で、ボールを離す瞬間に振られているのは
肘から先で、肘はいわゆる支点になります。
その際、腕全体が速いスピードで振られていたのが肘の部分に
急ブレーキがかかったようになり、まともに衝撃を受けます。
当然プロの投手のように速い球を投げるほど負担は大きく、
それで肘を故障する選手が多いワケです(^^)b
投げた後のアフターケアなどで故障を防ぐしかないですね(^^)
まやま@房総
2014年07月20日 22:02
assamさん、いらっしゃいませ(^^)
パリーグは毎年予想通りにならずに面白いです。
が、今季は地元マリーンズが予想を下回る弱さで…(T_T)
大谷クンの162キロはすごかったのですが、ほぼ速球だけなので
ちゃんとプロの選手は打ち返してました。それもすごいです(^^)
速球投手ももちろんですが、田中マー君のスプリットなど
落ちる球を投げる投手がよく故障している気がします。
投球後のアフターケア、バランスの良い筋力やフォームなど
故障しないこともプロとして必要なことでしょう。
野手ですがイチローさんのように、ですね(*^^*)b
2014年07月21日 20:14
162キロを投げる方も凄いけど、それを打ち返すっていうのも、凄い!
体の筋肉の構成が、違っているんじゃないかって思うほどです。
まだ若いから、170キロもありかも?
まやま@房総
2014年07月21日 21:08
あっこさん、いらっしゃいませ(^^)
どれだけ速くても、速球とわかっていればプロの打者は打つ!
ということなのでしょうね。すごいです(^^)
変化球を交えて予測がつかない状態なら、
162キロはまず打てないんじゃないでしょうか。
解説の工藤さん曰く、大谷クンの下半身は抜群に強いそうです。
20歳ですからね、170キロもあるかもしれません(*^^*)

この記事へのトラックバック