『蜩ノ記』(本)

画像読んだ本が映画化される場合。
映画化されるので原作を読む場合。
これは後者です(*^^*)

『蜩ノ記』葉室 麟
平成23年度下半期の
直木賞受賞作だそうです。

蜩ノ記 (祥伝社文庫)
祥伝社
2013-11-08
葉室 麟

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 蜩ノ記 (祥伝社文庫) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


何かの映画を観た時に予告編を観まして
これは面白そうだなと思って
10月の映画公開に先がけて
原作を読んでみることにしました。

時代小説になります。
三年後の切腹を申し付けられた男・秋谷と
その監視役を命ぜられた若い侍・庄三郎。
触れ合ううちに庄三郎は秋谷の無実を
信じるようになり…というのが大体の筋。
この内容なので、最後にどうなるか?
なんてことはとても書けないのですが(^^;)
感想としては、
「こういう親なら子どもも真っ直ぐに育つよなー」
と思いました(^^)

映画の方は今日、完成報告会見があったそうで
それで今日はこのネタを、と思いました(^^)
主演は役所広司さんと岡田准一さん。
上記会見の記事には
「岡田准一、役所広司を「師匠」と仰ぐ」
というタイトルが付いていました(^^)
元記事は、こちら

予告編(^^)


にしても。
日本に60歳くらいの主演俳優は
役所広司しかいないのか(^^;)
日本に30歳くらいの主演俳優は
岡田准一しかいないのか(^◇^;)
(ちなみに50なら佐藤浩市さん、
40ならやっぱりキムタクさんなのかな?(^^;) )

ま、2人の出演があって面白そうと思ったのも
また事実なんですけどね(^^;)

公開は10月4日ってことで
観に行くんじゃないかなー、と。
その時はタイトルの後ろを(映画)として
また記事にするんじゃないかと思います(^^;)


今日は曇り時々雨の関東でした
夜になってまぁまぁ涼しいからOKかな(^^)
夏だし、時々降って焼けた大地を
冷やしてもらわないとね。

明日は短いお盆休み(^^;)
やることはいくつかあるので
朝からのんびりやりたいと思います(*^^*)

では明日も、1生1度の1日を 総て良き日であるように(^^)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

2014年08月12日 23:08
蜩?、どう読むの?って思いました。
ひぐらしって読むんですね。
一つ覚えました~~。
3年後に切腹って、そんなことあったのですね。
病気になって3年の命と宣告されたのと似たような心境なのでしょうか。
面白そうですね。
お盆で墓参りもしたいけど、天気と相談ですよ。
2014年08月12日 23:13
まやまさん、私も映画になるならで本読もうかなと思うとこありますね。
そして、主演確かに多いですよね。
キムタクは40代だけど、まだ若い雰囲気で売りたいのかちょっと無理を感じて。
(今のドラマ見てないけど、変わらないのではなく、年齢を重ねたでやってほしかったなあって思ってます)
SMAPなら、草なぎくんがいい役者だと思います。
まやま@房総
2014年08月13日 22:00
あっこさん、いらっしゃいませ(^^)
ふりがなふっておくべきでしたね(^_^;)>
ワタシも本のタイトル見た時は?で、予告編ではじめて
ひぐらしと読めましたから(^^;)
たしかに病気による余命宣告に似ているかもしれないですね。
しかもこの主人公は無実かもしれないという…
おそらく面白いと思いますよ(*^^*)
まやま@房総
2014年08月13日 22:03
assamさん、いらっしゃいませ(^^)
映画化されるのでまず原作、ありますよね。
ワタシはこれの前は『清須会議』がそうでした(^^)
記事書く時、実は40代はちょっと迷いました。
彼は年齢相応の役、ちゃんと演じられると思いますが。
やはり事務所の方針云々があるのでしょうかね?(^^;)
草なぎ君いいですよね、演じる役に幅があると感じます(*^^*)
2014年08月14日 11:53
僕もヒグラシと言う漢字読めませんでしたorz
花子とアンに出てる吉田鋼太郎って役者さんもシブくていい感じです(^^)
まやま@房総
2014年08月16日 23:40
みやびー、いらっしゃいませ(^^)
蜩、読めないよねーワタシも読めなかったから(^_^;)>
吉田鋼太郎さん、今度チェックしてみます(*^^*)q

この記事へのトラックバック