『蜩ノ記』(映画)

以前、原作を読んだ時に(本)で記事にしました。
今回は映画観たので

あらすじは<(本)の記事>参照…雑っ(^_^;)>
そしてその際も載せた予告編を。


ちゃんと映像にまとめるものだなー。
やっぱり原作読んでから観て良かったなー。
…等など考えつつ観ていたのですが。
物語が進むうちにだんだん思ったのは…
「時代劇を撮影できるような
昔と同じに見えるこういう風景って、
いつまで残っているのだろう


終了後のテロップを見たらロケは
岩手の遠野で行われたようです。
なるほど、あそこなら人工物のない
広い土地がまだあるかも(^^)
いやでも。
逆に、過疎化が進むにつれて
昔のような風景が増える可能性も?

画像時代劇なんかをたまに観てみると
自分もその時代にタイムスリップした気分で
2時間前後を過ごせるのが楽しいのですが。
昔の景色を残して、昔の話も
時々作り続けてもらいたいものです。

良い映画でした、お時間あれば是非(*^^*)


雨がパラつくかもという予報だった日曜
日差しも出て洗濯物乾いて良かったです
せっかく良い気候のシーズンですし
しばらく気持ち良く過ごしたいものです(*^^*)

では明日も、1生1度の1日を
 総て良き日であるように(^^)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

  • あっこ

    遠景を時代劇に取り入れられる場所を、探すのって、大変でしょうね。
    アップで撮る場面は多いですけど。
    道なども、車のわだちが有ったらダメでしょうし、この頃はコンピューターグラフィックが多いですね。
    こういうところを専門に探し回る方がいるのでしょう。
    そのうちに、畳の部屋も、時代劇でしか見たことが無い人が増えるかも~~。
    2014年10月26日 20:13
  • まやま@房総

    あっこさん、いらっしゃいませ(^^)
    撮影班には先乗りの担当がいてロケ場所を探すと聞きました。
    そうですね、今はCGありますからもしかしたら背景などは
    そのうち実物使わなくなる可能性はありますね。
    > 畳の部屋も、時代劇でしか見たことが無い人が増えるかも
    = ホントですね~、笑っていられないかも(゚_゚;)
    2014年10月26日 20:34
  • だらちゃん

    映画館で予告を見て、観に行きたいと思った映画です。
    最近、映画の時代劇って心惹かれるものが多いです。
    あっ「るろうに剣心」は内容がマンガそのものでしたけどね・・・。
    こういう心静かな時代劇がやっぱりいいわ。
    2014年10月26日 23:00
  • まやま@房総

    だらちゃん、いらっしゃいませ(^^)
    良い映画でしたよ。原作者の葉室麟さんや、『永遠の0』の
    百田尚樹さんも我々より少し上の50代ですが、
    この年代は昔の美しい日本人を描きたくなるのでしょうか?
    そして我々の年代もそういうものを求めるのでしょうか?(^^)
    以前書いた(本)の方の記事に「他にいないの?」と書きましたが、
    やはり役所さん岡田さんとも素晴らしかったです(*^^*)
    2014年10月28日 18:33
  • assam

    まやまさんがこの本紹介してたなーって思い出しましたよ。
    確かに、時代劇の撮影場所って、大変ですよね。
    昭和初期っぽいのでも大変そうですが。
    そうそう、だらちゃんさんが書かれてる「るろうに剣心」の前作は倉敷の美観地区使ったそうです。あれは漫画原作ですからねー。
    2014年10月28日 20:28
  • まやま@房総

    assamさん、いらっしゃいませ(^^)
    映画版が始まってなかなか観にいけなかったのですが
    本も紹介したしと、何とか時間を作れました(^^)
    地方で、昔の町並みを再現して町おこし、というのもありますが
    基本的には地方でも都会と同じ景色になっていますよね。
    「るろうに剣心」、このブログで以前ご紹介した
    土屋太鳳さんが出演しているのでちょっと興味あります(*^^*)
    2014年10月28日 20:54

この記事へのトラックバック