『ふしぎな岬の物語』

ようやく観に行けました(^^)

吉永小百合さん主演、
第38回モントリオール国際映画祭で
審査員特別賞グランプリエキュメニカル審査員賞
を、W受賞だそうです
公式ページは<こちら

予告編(*^^*)


この映画を観たいと思ったのは、
一つは原作が面白かったからですが。
※すでに書いたと思っていた
原作の感想記事を探したら、ない
あはは、書いてなかったようで(^_^;)>


虹の岬の喫茶店 (幻冬舎文庫)
幻冬舎
森沢 明夫

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 虹の岬の喫茶店 (幻冬舎文庫) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


そしてそれ以上に。
この喫茶店が実際にあって、
入ったことはないものの
馴染みのある場所の近くだから。
最近では、梅雨時に鎌倉へ行った際に乗った、
東京湾フェリーの千葉側の港の近くです。


吉永さんの作品を映画館で観るのは初めて
原作とは少し話を変えてありますが
おだやかに時間が流れる感じは同じ。
ちょっと笑って、ちょっと泣いて、
気持ちもおだやかにになる作品でした(^^)

昨年DVDで観た『北のカナリアたち』
不倫があったりするような話よりも
こちらの方が今の吉永さんには
合っているのかなと(^^)

高倉健さんの『あなたへ』もそうでしたが
(あの作品も原作者は同じ森沢明夫さん)
阿部寛さんや竹内結子さんなど
主演をつとめられる俳優さんが多数
(吉永さんと共演したくて?)
出演されているのも良かったです(^^)

先日は吉永さんたち出演者が映画のヒット御礼で
さらに観客動員が「伸びる」ようにと
餅つきをされていたとニュースで見ました
上映は続きそうです、いかがでしょうか?(*^^*)


画像雨予報の日曜日。
朝から雨かと思ったら降っていなかったので
空模様を気にしながら、おさんぽ(^^)
鳥たちは雨なんか気にするのかな?

その後、朝イチの回の上映を観ましたが
朝イチの回、って感じの客層でした(^^;)
ま、ワタシもその独りですね(^^)

寒くなってきたので今夜は
温浴効果の高い入浴剤入れて
ゆっくり風呂に浸かろうと思います

動画やら本やら地図やらと
貼りものの多い記事になっちゃいました。
見づらくてスイマセンm(_ _)m

では明日も、1生1度の1日を 総て良き日であるように(^^)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

  • assam

    まやまさん、そちらは雨は降ってなかったのですね。
    降る前に行動が正解だとおもいます。
    こっちは朝から雨で夜になってやみました
    おかげであまり行動してません。
    地図みて、どこだろってなやみました。でも、そういう静かな場所なのかな(周りに目印的なものがなかったので、判断しました)
    2014年11月09日 23:58
  • あっこ

    昼前にちらっとバラ園側で撮り見したら、カモが沢山!
    朝方だと、まだお休み中だったようですね。
    実際にある喫茶店が舞台ですか。
    ちょっと行ってみたくなりました。
    メイショーミサキって読むのかしら?
    金谷の先ですね。
    吉永小百合、若い時のイメージそのままですね。
    なんとも羨ましいです。
    2014年11月10日 00:08
  • ロ~ズ

    こんばんわ
    以前、吉永さん主演の「おとうと」という映画を観ました
    鶴瓶さんとの共演で心に残る映画でした
    今回の映画もいいと聞いています
    ぜひ、観てみたいと思っています(^^♪
    2014年11月10日 22:00
  • まやま@房総

    assamさん、いらっしゃいませ(^^)
    この日は予報よりも雨が少なかった日でした。
    地図は、この切り方じゃあさっぱり場所わからないですよね(^^;)
    周辺マップをクリックしてもらえればと思います(^^)b
    2014年11月12日 18:24
  • まやま@房総

    あっこさん、いらっしゃいませ(^^)
    この日の昼はバラ園側にカモが行っていましたか。
    日時によって移動するのは、きっと理由があるのでしょうね(^^)
    金谷のフェリー乗り場のある港から海沿いを南に下ると
    トンネルがあって、その海側の道かどうかもわからないような
    絶対に何もなさそうな所を入っていくと、ある、そうです(^^;)
    吉永さん、若いですよねー。特別な方だと思います(*^^*)
    2014年11月12日 18:28
  • まやま@房総

    ロ~ズさん、いらっしゃいませ(^^)
    「おとうと」ワタシは観られていないですが、良いようですね。
    この映画は、原作がその喫茶店のひっそり感のようなものを
    メインに書かれていたのに対し、地域の人とのつながりまで
    描こうとしていたようです。良い映画だと思いますよ(*^^*)
    2014年11月12日 18:31
  • パーリーブルー

    吉永さんもプロデュースに関わったという映画ですね。
    ロケ現場になった場所、行ってみたいですね。
    もう名所になってるかな?!^^
    2014年11月14日 11:22
  • まやま@房総

    パーリーブルーさん、いらっしゃいませ(^^)
    吉永さん自身がプロデュースをされたということですから
    おそらく映画版の地域のつながりが描かれる部分などは
    彼女の発想なのかなと勝手に思ったりしています(^^)
    ロケ現場は車やバイクで行けば行きやすいと思います、
    東京から高速道路でつながってもいますので。
    ワタシのように内房線の駅から歩こうとすると
    歩道のないような場所なので車が危ないです(T▽T)
    2014年11月15日 21:48

この記事へのトラックバック