ご近所で環境問題改善!(^◇^)

やるな、高校生!です(*^o^*)

画像谷津干潟では、夏に大量発生する
アオサの腐敗臭が問題になります。
その言わばマイナスの事象を
なくすだけでなくプラスにする研究を、
地元の高校生がしている
という記事を見つけました。
ぜひ読んでみてください(*^o^*)
記事はこちら

アオサからバイオエタノールを作る、
というものです。
バイオエタノールとは植物から作る燃料で
ガソリンの代替燃料として期待されています。
植物は二酸化炭素(CO2)を吸収して成長するので、
地球温暖化防止のための京都議定書では
バイオエタノールを燃やして発生するCO2は
排出量にカウントされません。
使えばなくなる化石燃料と違って
アオサがなくなるほど乱獲しなければ
繰り返し発生してくれます(^^)

今すぐ全面的にガソリンの代替は
難しいのは明らかでしょうが、
できるところからやれば良いワケで。
習志野市の公用車の燃料くらいなら
すぐに出来ると思います(^^)b
宮古島市の公用車はたしか
サトウキビの搾りかす?から作った
バイオエタノールで動いていたような。
少し古いですが、関連記事
そしてあそこは海岸にアオサ
(向こうではアーサって言いますね)
がたくさんあって、最近は採る人も
減っていると聞いたので、
キビとアーサの両方を使えば
島の燃料の一定量を賄えるんじゃ?
例えば車は台数多いけど、船とか
そうしているうちに、だんだんと
置き換わっていくかもしれません(^^)b

これからの人がこれからの世の中を変える。
…古い人間はせめて、足を引っ張らずに
協力したいものだと思います(^^)
久しぶりに環境オヤジ、でした(*^o^*)


関東は雨の一日でした
週後半からは30℃前後の
暑い日が続くようです
しっかり暑さ対策しましょうね(^^;)

では明日も 1生1度の1日を
 総て良き日であるように(^^)

この記事へのコメント

  • あっこ

    夏場の南風になると、バラ園側では、異臭に悩まされることがありますね。
    アオサ、少なくなると、鳥の餌になる生き物が少なくなるし、多すぎると臭い臭いに悩まされます。
    肥料などにもできるようですね。
    2016年06月29日 22:44
  • まやま@房総

    あっこさん、いらっしゃいませ(^^)
    日によってアオサの腐敗臭の強い日もありますね。
    おそらく谷津干潟はほぼ四方を囲まれる特殊な形により
    枯れたアオサの逃げ場がなく腐敗臭がするのかと思います。
    そこからこの研究につなげた高校生と顧問の先生、
    大したものだと思います(*^o^*)
    2016年06月30日 08:19
  • assam

    まやまさん、こういう研究する若者がいるとなんか安泰な気になってしまいます。
    国によっては、バイオエタノールが主流のところもありますね。
    (ディーゼルエンジンでないと、使えなかったかもですが)
    今回のは、大量にあるとってものを使うってところがいいですよね。そういえばサトウキビ自体じゃなくて、絞りカスでって研究もしてるって聞いたことあります。
    2016年07月03日 13:35
  • まやま@房総

    assamさん、いらっしゃいませ(^^)
    これからはあるもの、特に不要と思われているものを活用して
    エネルギーなど環境問題を解決するための研究が
    盛んになっていくんだと思います。
    若い人がそれを推進してほしいなと思います(*^o^*)
    2016年07月04日 05:12

この記事へのトラックバック