『検察側の罪人』

このブログではほとんど
取り上げない人たちの話題(^^;)

ウェブ記事によりますと、
来年公開予定の映画
『検察側の罪人』で、
同じ事務所のキムタクさんと
ニノミヤさんが初共演されるとか。
※どうも事務所名を明記しなかったり
フルネームで記載しづらいと思うのは
なぜなんでしょうね!?(^_^;)>

詳細はこちらからどうぞ

原作者の雫井脩介さんの本は
好きでこのブログでも何度か
取り上げさせてもらいまして、
この本も記事にしていました<こちら
…忘れていましたけど(^_^;)>

私見で申し訳ないですが、
同じ雫井脩介さんの作品ならば
ワタシは『犯人に告ぐ』の方が
彼のイメージに合うと思ってました。
とは言え、すでにトヨエツさん主演で
映像化されちゃっていますが。

で、『検察側-』。
当時の記事で書いたものを引用すると
「ある殺人事件について、ベテラン検事の方針に
その教え子でもあった若手検事が疑問を持ち、
対決していくことになる、といった内容」
だそうで…自分で書いたんですけど(^_^;)>

キムタクさんが演じる役は貫禄があり
もっと年配の印象がありましたが、
「もう大学を出てから四半世紀―」
というセリフが原作にあるので
まぁまぁ世代的には合うのでしょう。
ニノミヤさんはちょうど良いくらいかな(^^)

『HERO』で演じたのも検事でしたが
全く違う検事像になると思いますし、
キムタクさんの新たな面を引き出せる
作品になるのではないでしょうか(^^)

さて『検察側の罪人』はどちらなのか
来年の公開まで待てない方は
ぜひ原作をお読みください(*^o^*)

画像

話変わって、ソフトボール
先日の野球場の満員のスタンドと
来年、世界選手権が千葉で開催の旗。
これはソフトのワールドカップと言える大会
もう来年なんだから、メディアの皆さま
もう少し取り上げてあげてねー(^^;)

日米対抗ソフトボールもあります。
今年は東京オリンピックのメイン会場、
ハマスタで来月に開催されるので
そちらもぜひどうぞー(*^o^*)/


あー慣れない内容書いて疲れた(^^;)
次回はまたいつものテキトー記事で
行こうと思います(^^;)

では明日も 1生1度の1日を
 総て良き日であるように(^^)

検察側の罪人 上 (文春文庫)
文藝春秋
2017-02-10
雫井 脩介

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 検察側の罪人 上 (文春文庫) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



検察側の罪人 下 (文春文庫)
文藝春秋
2017-02-10
雫井 脩介

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 検察側の罪人 下 (文春文庫) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



犯人に告ぐ〈上〉 (双葉文庫)
双葉社
雫井 脩介

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 犯人に告ぐ〈上〉 (双葉文庫) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



犯人に告ぐ 下 (双葉文庫)
双葉社
雫井 脩介

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 犯人に告ぐ 下 (双葉文庫) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


この記事へのコメント

  • らべ

    この話題ちょっとだけ読みました。
    現在公開中の無限のなんちゃらという主演映画が
    いまいち成績が悪く、次回作のこれで
    挽回できるのかどうかなんて記事もありましたが
    あの騒動以後何かと取りだたされ気の毒な気もしますね。
    2017年05月12日 19:26
  • まやま@房総

    らべさん、いらっしゃいませ(^^)
    公開中の映画、観る人多くないのですかね?
    『検察側―』で挽回できると良いのですが(^^)
    個人的には、取り調べられる犯人役が誰になるかが
    楽しみなのですが(^^;)
    しばらくは騒動の余波があるのでしょうね。
    2017年05月13日 23:50

この記事へのトラックバック