『三度目の殺人』(^^)

旅行話をちょっと中断して
映画のお話(^^)

観て来ました、福山さん主演の
『三度目の殺人』。
是枝裕和監督作品ですね(^^)


上映中ですから内容には
あまり触れませんが。

パーリーブルーさん
書かれていた通り、
すっきりとは終わらないですね。
真実なんてわからない、と。
特に福山さん演じる重盛の
最後の台詞が…??

観終わってコンビニで
買い物している最中には
「あれ?このタイトルの意味って??」
とか急に思っちゃったりしました。
あぁ、むずかしい(^^;)

ただ。
例えば犯人の役所広司さんが
クロかシロか、善か悪か、とか。
誰の発言が真実で誰のが嘘で、とか
前提を変えてみると観方が変わって
別の楽しみ方が出来るかも?
とは思いました。
2、3度観るのも良いかもしれません(^^)

興味のある方は、劇場へどうぞ(^^)


木曜日の雨は千葉でかなり降ったようで
香っていたキンモクセイはこの有様(T_T)
画像

もしかしたら日曜に行こうとしていた
キンモクセイの名所でも、こうかな(T▽T)
どうするかは、まだ考え中です。
それによって、日曜の行動そして
このブログの内容も変わるので(^^;)

おそらく、あさ目が覚めた時に
思いつきで決めると思います(^◇^;)>


皆さまも良い週末をお過ごしください。

では明日も 1生1度の1日を
 総て良き日であるように(^^)

この記事へのコメント

  • パーリーブルー

    観てこられたんですね?!
    そうそう、最後のセリフが・・
    最初からこうだと思って見ていると訳が分からなくなりますね。
    いろんなところで3人がこの映画について語ってましたけど、誰も、もしかしたら監督さえ犯人が分かってないのかも、なんて思いました。
    それよりも今の司法の在り方を問うことが本当のテーマだったのか、重い十字架が伏線となって、最後に立った十字路もそれを表していたのかも、とか。
    単純な頭の構造のワタシ的には、観終わってスッキリのほうが好きですけどね~。^^;
    2017年10月02日 16:42
  • まやま@房総

    パーリーブルーさん、いらっしゃいませ(^^)
    最後の台詞、え、最後になに?でした(^_^;)>
    今日本屋さんに行ったら原作本が出ていました。
    読んだらそのへんもわかるのでしょうかね?(^^)
    是枝監督のものは、最後になんとなく方向性が見えて
    そっちに進んでいくのかなぁ?というような終わり方が
    多い気がします。『そして父になる』もそうでしたが。
    今回のは…どうだったのでしょう?(*^o^*)
    2017年10月06日 01:53

この記事へのトラックバック