2018芸術の秋④『コーヒーが冷めないうちに』

少し間が空きましたが
この秋に観た映画、4作目(^^)

『コーヒーが冷めないうちに』
観てきました(^^)
予告編


えー、恒例にする気もないですが
最近の映画記事ではほぼ書いてる
「原作と比べてどうか問題」
…そんな問題があるのか知りませんが(^^;)
今回はちょっとこれまでとは違う
感想をもって映画を観ました。
画像

本屋で見かけて衝動買いした原作。
良い話だと思いました(^^)
それで、それの「個人の感想」を
小声でこっそり話しますけど(^^;)
えー、良いお話なのですけど
すごく素晴らしい、とまでは思わなくて。

なので今回は、そう思った原作を
どう感動的に映像化するか
それを楽しみに映画館に足を運びました

感想。
今回もベテラン勢にやられましたー(T▽T)
特に松重豊さん
松重さんはひと月前に観た
『検察側の罪人』では極悪人の役。
今回はものすごく優しい旦那さん(^^)
いやいや、役者さんってすごいです

そして、薬師丸ひろ子さんも
ワタシの数歳上、アイドル女優だった
薬師丸ひろ子さんが、もうこういう
役柄を演じる年齢なのですねー。
ってことは、ワタシもなのですねー(^^;)

主演の有村架純さんも良かったし
他の出演者の皆さまも良かったです。
ただワタシからすると無意識に
世代の近い人に共感しちゃいますね、
『累』の浅野忠信さんもそうでしたし。

結果、これも個人の感想ですが
映像化されて作品の魅力が
さらに増した感じがしました

この秋に映画観て泣きたい方には
ぜひお勧めします(*^^*)
公式サイトはこちら


3連休の初日でした。
今回も全部休み、有り難い(-人-)
皆さまも良い連休をお過ごしください。

では明日も 1生1度の1日を
 総て良き日であるように(^^)

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック