W杯決着!で、野球との比較論!?

画像日本が早々に敗退してからも(^^;)
続いていたW杯が今朝方に終了。
イタリアとは思わなかったなぁ~。
ま、素人なのでブラジルが優勝としか
当初は思ってなかったけど(^^;)

サッカーって、確かイングランドで
はじまったスポーツだった?
(違ってたら訂正してくださいn(_ _)n )
で、ヨーロッパに広まっていって
W杯はじまったら、だんだん南米が
強くなってきた。
アジアやアフリカは、まだまだ
新興の勢力なわけだよねー。

これを野球に当てはめてみましょう。
アメリカではじまった(or普及し始めた)
野球は、北米・中米に広がる。
これがサッカーで言うところの、
イングランド及びヨーロッパに相当すると。

なら、サッカーの南米にあたる地域は?
となると、これが野球ではアジアだろうなと。
それはアジアの日本が第1回のWBCを
制したことで証明されたかな、と思う。

となると、サッカーにおける日本が
世界の野球においてどのあたりに
相当するのか? と考えてみると、
ま、現状の実力差を考えれば、
ヨーロッパあたりではないかなと(^^;)

例えば日本の野球ファンが、
オランダの野球ファンが
「我が国がWBCで世界一になる!」
と言ってるのを聞いたとしたら
「ざけんなよ(^^;)」
くらいに思うだろうしね。
(実際、オランダの野球レベルは低くない。
アテネ五輪でも当時絶好調だった
岩隈(現楽天)をKOしたし)

ま、きっとヨーロッパや南米の
サッカーファンは、日本の特にテレビの
「必ず決勝トーナメントへ行ける!」
的な報道を観て、
「ざけんなよ(^^;)」
だったのでしょうね~。

これはサッカーよりも野球の方が
勝っているとかいう話ではなくて、
単純に歴史の長さが違うわけだし、
日本のサッカーには、今後時間が
かかっても、だんだんと強くなって
いってもらいたいなぁ、ということだと
受け止めてもらえばと思います(^^)

さぁ、サッカー少年たちよ!
小魚を食べて背を伸ばそう!!
フィジカルで外国選手に負けないために(^^)


…ついでにですね、今回の日本の
予選リーグを、格闘技と比較しながら
振り返ってみようかなと思います。
①vsブラジル
=日本の格闘家の誰が、
 アントニオ・ホドリゴ・ノゲイラに勝てる?
 ヴァンダレイ・シウバに勝てる?
②vsクロアチア
=日本の格闘家の誰が、
 ミルコ・クロコップに勝てるというのか?
③vsオーストラリア
=…え~、豪選手が思いつかないので
 お隣のニュージーランドで恐縮ですが(^^;)
 K-1の武蔵は、レイ・セフォーに2度も
 勝っている!
つまり!やはり勝っておくべき相手は
オーストラリアだったのかなと?

…いかん、後半で何も説得力が
なくなってしまった。あはは(^o^;)>


梅雨空が続いていますねぇ。
蒸し暑いのも続いています。
ま、宮古で暑さ慣れした体には
このくらいは暑いうちに入りませんが(^^)
みなさま、ご自愛くださいませ。

では、今日も良い日になりますように。

"W杯決着!で、野球との比較論!?" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。