「残」じゃないです。
「浅」でもないです。
「桟」です、窓の「さん」(^^)b

図書館に本を返却に行きまして。
そしたら受付のすぐ後ろの棚にある
お掃除の本がちょっと気になりました。
重曹とかお酢とかで掃除するっての。
で、何の気なしに借りて読んでみたら。

家で、普段は見ないふりしてるけど
汚れが気になってる場所の
掃除方法が書いてあって。
それが、「桟」(^^;)

窓の桟はここに越してきた時には
すでにものすごい状態だったので
完全にきれいにするのを諦めて
見ないようにしていたのですが(^_^;)>
こうなったらやるしかない!
と、火が点いてしまいました

掃除開始と同時にはじまった
『笑点』を観ながらしばし格闘
パッキンの黴が落ちなかったりしましたが
家のすべての桟は、とりあえず手で触っても
大丈夫になりました~
…これまでどんなだったんだ、って話ですね(^_^;)>

その後はなくなった重曹を買って
流しとか台所を中心に掃除オヤジでした
掃除オヤジの悪いところは
「急にやりだす
掃除オヤジの良いところは
「やりだしたら徹底してやる
ってことで、夜は掃除三昧でした。
年末よりもやったかも?
けっこう、達成感です(*^^*)
ま、もうしばらくはやらないでしょう(^o^;)

本日、画像はありません。
窓の桟の掃除前・掃除後の写真など
載せたってねぇ~(^◇^;)>


雨があがって晴れ間が出たら
気温がすごく上がりました
掃除も汗だく、扇風機解禁でした(^^)
さぁ、いよいよ暑くなりますね~(^^;)

では明日も、1生1度の1日を 総て良き日であるように(^^)


"桟" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。