石ノ森の意思は受け継がれているか?

映像と美術館の展覧会という
芸術的な内容です

『009 RE:CYBORG』
というDVDをを借りてみました。
※昨年劇場公開されたのですが
結局観に行けなかったので…

懐かしい石ノ森章太郎さんの
『サイボーグ009』が
現代にいたらどうなるか?
というような内容です。

映画の予告映像がこちら。
昔のアニメのセル画風に見せて
全編CGなのだそうです。
キャラクターも映像もそして
ストーリーも現代的です(^^)


画像009の原作者・石ノ森章太郎さんと
手塚治虫さんの特別展が
ただいま東京都現代美術館で開催中です。
詳細はこちらから
「手塚治虫×石ノ森章太郎 マンガのちから」

9月初旬まで開催しています。
お近くの方はぜひどうぞ(*^^*)/

石ノ森章太郎さんも手塚治虫さんも
「マンガで世界を変えられる」
と信じて仕事をしていたそうです。
石ノ森さんの代表作『仮面ライダー』は
高度成長期の自然破壊に対する自然の使者として
バッタをモチーフにデザインされましたし。
手塚さんはこのブログでも紹介しましたが
『ガラスの地球を救え』
という環境の本を書かれています。


彼らのマンガを読んだ者として
ほんのわずかでも世界の
「ちょっと違うんじゃないかなぁ?」
を、変えていければなぁと思います(^^)


猛暑でしたねー今日の関東
東京では35℃の猛暑日
ウチのあたりも31℃まで上がりました
梅雨明けも発表されたようで
もうすっかり真夏モードです。
水シャワーです、アイスノン枕です。
…先が思いやられます(^_^;)>

では明日も、1生1度の1日を 総て良き日であるように(^^)


"石ノ森の意思は受け継がれているか?"へのコメントを書く

お名前:
メールアドレス:
ホームページアドレス:
コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。