「私たちは歴史的な責任に直面している」

久々の環境オヤジ的話題(^^)b

観測史上最大規模の超大型台風30号によって
フィリピンに甚大な被害が出ています。
被害に遭われた方々にお見舞い申し上げます。

それに関して以下のような記事がありました。
抜粋して載せさせていただきます。
(掲載元は、こちら)
--+-- --+-- --+-- --+-- --+--

11日、ポーランドの首都ワルシャワで始まった
国連気候変動枠組み条約第19回締約国会議(COP19)で、
フィリピンを直撃し、死者1万人と推定される
観測史上最大規模の超大型台風30号「ハイエン」について、
同国政府のサノ代表が涙を流しながら17分超の大演説を行った。

(以下、発言の抜粋。
色、下線などはワタシがつけました)

「私たちは有効な地球温暖化対策で合意できなければ、
自らの悪い運命と契約を結んでしまうことになるかもしれない。
私たちは歴史的な責任に直面している

「食事を見つけて家に持って帰るために格闘している
フィリピン同胞との結束のために、私は今、
地球温暖化対策が講じられることを求めて自発的に断食を始める。
これはCOP19(22日まで)で意義のある結果が導き出されるまで、
私が食事を断つことを意味している」

「この異常な気象現象の結果としてわが国が経験したのは狂気である。
異常気象は狂気なのだ。私たちは今すぐに当地ワルシャワでこれを修復できる、
この狂気を止めることができるのだ。ハイエンのような台風とその衝撃は
温暖化対策を引き延ばせないことを国際社会に突きつけている

「気候変動により、さらに強力な台風が増えることを
科学は私たちに教えてくれている。
地球が暖かくなるにつれ、海洋も暖かくなる。
フィリピン沖の海洋に蓄えられたエネルギーが台風の激しさを増す。
私たちが目の当たりにしている現象は
より破壊力のあるストームが新たな基準になったということだ

「私はあえて気候変動の現実を否定し続けるすべての人に
海面上昇の現実を見せるため太平洋、カリブ海、インド洋の
島々に連れて行きたい。
解け出した氷河による洪水にさいなまれる共同体を見せるために、
ヒマラヤやアンデスの山脈に連れて行きたい。
北極海の氷がどんどん溶けている状況を見せてやりたい」

「それでも十分でなかったら、
彼らは今すぐにでもフィリピンを訪れることを望むかもしれない」

先進国の温室効果ガスの削減目標は破滅を防ぐのには十分ではない。
今すぐに目標を上げなければならない。

先進国が1990年比で40~50%削減していたとしても、
気候変動には歯止めがかからず、損失と被害を報告する必要があっただろう」

--+-- --+-- --+-- --+-- --+--

画像掲載記事の最後は、
「温暖化懐疑派の政治家や科学者は
サノ代表の問いかけにどう反論するのだろうか」
という言葉で締められています。

経済ももちろん大切なのですが、
元を辿れば自然にあるもののやり取りが
経済の始まりなのですし、
自然環境が健全であることが
経済活動の前提であるわけです。
この規模の台風は近年日本にも来るでしょう。
毎回何兆円規模の被害が出れば
その経済にも大打撃でしょうしね。
経済以外にもするべきことは山積しています。

日本や先進各国がどのような行動をするか、
監視していきましょー


昨夜から夜の気温が一ケタの関東
急に寒くなって先週着ていた服では寒い
近々こたつを出そうと思います(*^^*)

では明日も、1生1度の1日を 総て良き日であるように(^^)

"「私たちは歴史的な責任に直面している」"へのコメントを書く

お名前:
メールアドレス:
ホームページアドレス:
コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。