『兄貴と後輩』2014小満「オレのっス!!」

小満、21日に終わっちゃってます(^_^;)>
ちなみに「万物が次第に成長して、
一定の大きさに達して来るころ」
なのだそうです(^^)b

--+-- --+-- --+-- --+--
画像「兄貴ィー!服が限界っスーー!!(ToT)」

「ウム…」

「さすがに兄貴のニット帽もやばいっスよ」

「そうだな」

「でもさすが兄貴、用意周到っスね!
手には新しい帽子が…」


「………

「あぁ~~っ
それって、去年の台風で飛ばされた
オレの帽子じゃないっスか~

画像
「いや、そうなんだが…」

「ヒドイっスーー
オレが帽子飛ばされてショック受けてたの
見てたじゃないっスかぁー


「いやな、風で飛ばされた帽子が
偶然手に引っかかったのだが。
ほら、我々は人形で動けないし…」


「そんなの、いつも通り鳥にでも乗り移って
オレの頭にかぶせてくれれば
よかったじゃないっスかぁーー


「いやだって、鳥が人形の頭に
帽子かぶせてるのを近所の人が見たら
騒ぎになるだろう」


「そりゃそうかもっスけどぉ…
せめて持ってること教えてほしかったっス」


「だってさぁ、私が持っていると教えたら
お前はどうするよ


「そりゃ、オレも動けないっスから
“何か”に取ってきてもらうっスねぇ」


「“何か”って、何だ」

「そりゃあまぁ…

「ほらーほらやっぱりー
そうなると思ったからー、
言わなかったのよーー


「…兄貴、怒りでオネエ言葉になってるっス」

「アンタ、何かってぇとすぐじゃん
言いたくても言えないわよっ


「兄貴、心配ないっス。
このしっかり調教してあるから
オレの命令はちゃんと聞くっス!」


「えー、だってぇ…
熱海のバナナワニ園の飼育員のオジサンは

画像『何十年も可愛がってやってるのに
ワニは今だに俺を食おうとするんだよね』

って嘆いていたぞましてじゃあ…」

「大丈夫っスオレと
信じてほしいっス


「…わかった」

「ありがとうっス
じゃあ、兄貴の手にある帽子を
取ってくるっス~~


「………」
画像
「あ、兄貴…

「やっぱり…だから言ったじゃん

「兄貴、すまないっスm(_ _)m」

「バナナワニ園の飼育員のオジサン、
アンタは正しかった…


--+-- --+-- --+-- --+--

久々に、長っ。意味もないのに(^^;)

「兄貴の手に、後輩の帽子がかかってました」
と書けば一行で終わる話なんですけどね。
これも毎回言ってますけど(^_^;)>

今回もおつき合いいただき、
ありがとうございました~m(_ _)m
次回、忘れなければ、芒種に(^^)


この記事でなでしこのアジアカップ
結果が書けると思ったら。
試合は22時からなのね~(^_^;)>
今からじっくり観ようと思います。楽しみ(*^^*)

では明日も、1生1度の1日を 総て良き日であるように(^^)

" 『兄貴と後輩』2014小満「オレのっス!!」" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。