せっかくの2度目の十三夜なのに…

見えない…(T▽T)

本日2014年11月5日は、170年で初めての
「1年で2度目の十三夜」なのだそうです

それはどういうことだ
わからなかったので調べました
参考にさせていただいたサイトは<こちら

--+-- --+-- --+-- --+--
そもそも十五夜とは、旧暦の8/15~16の夜間のこと。
今年は9/8~9/9にあたりました。
そして十三夜とは、旧暦の9/13~14日の夜間のこと。
今年は10/6と11/5にあたります。

なぜ2回あるかと言うと、
今年は旧暦の9月が2回あるからなんです。

旧暦は、現在では一般的に、“天保暦”という暦法を使っています。
天保暦の季節の分け方は、月の満ち欠けをもとに決められている太陰暦と、
地球の公転をもとに決められている太陽暦が組み合わされて決められています。
その太陰暦と太陽暦のつじつまを合わせるために、
約2~3年に一度、1年が13カ月の年が来るルールになっているのです。

13カ月の年は、閏(うるう)月が1か月できることになります。
今年は旧暦の9月が閏月にあたります。
そして、今年のように9月が2回あるのは、
天保暦が採用されてからの170年ではじめてのことなのです。
--+-- --+-- --+-- --+--

画像
なのに、月が見えない…(T▽T)
予報は悪くなかったんだけどなー。

それでも十三夜の月のパワーは
来ているのかもしれないですが

もう少し粘ってみようかな?
せっかくの170年で初ですしね(*^^*)b
皆さまの地域では月は見えますでしょうか?


では明日も、1生1度の1日を
 総て良き日であるように(^^)

"せっかくの2度目の十三夜なのに…" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。