高倉健さん追悼―。

画像もしこの内容を書くとしたら
それはずっとずっと先のことだと
信じていたのですが…

web記事より。
映画俳優の高倉健(本名・小田剛一)さんが、
死去していたことが18日分かった。
10日午前3時49分、悪性リンパ腫のため
東京都内の病院で死去した。83歳。福岡県出身。

31年に福岡県に生まれ、大学進学のために上京。
55年、東映ニューフェイス2期生として入社した。
演技経験などは全くなかったが、翌56年に
映画「電光空手打ち」で主演デビューした。

映画スターとしての地位を確立したのは、
60年代に入って出演するようになった仁侠映画だった。
「網走番外地」「日本侠客伝」「昭和残侠伝」
などがシリーズ化され、大ヒット。
映画ファンは「健さん」と親しみを込めて呼ぶようになった。

テレビドラマなどにはほとんど出演せず、
自らを「映画俳優」と呼ぶほど。
生涯の映画出演作は205本に及ぶ。
最後の作品は、12年秋に公開された「あなたへ」(降旗康男監督)。
田中裕子(59)が演じた亡き妻の面影をたどり、
富山から九州まで自らハンドルを握り、旅をする刑務官を演じ、
同年の報知映画賞主演男優賞を受賞した。

(一部割愛。引用元はこちら

『あなたへ』は大滝秀治さんの遺作となりましたが、
まさか高倉健さんご自身の遺作となるとは
映画を観た時には夢にも思いませんでした。
背筋の伸びた姿勢や動きなど、若い頃と
遜色なかったですから。

来春からは新作映画の撮影に
入る予定だったとか。残念ではありますが、
まさに生涯現役だった証のように思います。

冒頭の3行は実は、
宇津井健さんが亡くなられたときの記事
冒頭とまったく同じものです。
まったく同じことを思ったので。

大滝さん、宇津井さん…
先日見た『ふしぎな岬の物語』は
米倉斉加年さんの遺作となりました。
そして高倉健さん。
半世紀近く生きてブログ10年続けていると
当り前に活躍されていた皆さんの
訃報について書く機会も増えますね。
寂しいなぁと思います。

劇場で観た映画は『あなたへ』一本きり。
まだまだ観ていない作品がたくさんあるので
これから観ていこうと思います。

謹んで高倉健さんの御浄福をお祈りします。
※高倉健さんは極楽浄土に行かれると思うので、
今回も御浄福という言葉にさせていただきました。



寒くなってまいりました。
それでも12月までは暖房使わないぞ!
と、意地張っております(^^;)
…風邪ひかなきゃあいぃんだけど。
皆さまも、お気をつけて(*^^*)

では明日も、1生1度の1日を 総て良き日であるように(^^)

"高倉健さん追悼―。" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。