『兄貴と後輩』2014冬至&クリスマス「歳末アルバイト」(^^)

「兄貴ィ~、アルバイトっス~!」

「働かざるもの食うべからず、だからな。
人形も例外ではない」


「それにしても肉体労働、キツそうっスねぇ~」

「年末のアルバイトと言えば、運送業と相場が決まっている」

「そんなもんっスかぁ…」

「さぁ、これらになって、荷物を配送するのだ」

「えぇ~、コイツっスかぁ~!」

「文句を言うな」

「だってぇ、兄貴なんか人間だからまだいぃじゃないっスかぁ。
俺なんか、ケダモノっスよぉ~(ToT)」


「私のだって年寄りだ。加齢臭がキツイ(T_T)」

「条件悪いバイトっスねぇ~。
大体、この話を持ってきたあの人、信用していいんスか?
粗末な身なりで、ロン毛でヒゲっスよぉ…」


「ウム。信用できる気はしたのだが…
不思議なのは、我々が話を出来ることも
憑依できることも知っていたことだ。
まるで何でもお見通しのようだったな」


「俺ら年中ヒマなのもバレバレってことっスね(^^;)
な~んか、だまされてるっぽい気もするっスねぇ」


「ま、グダグダ言っていても始まらん。そろそろ行くぞ」

「了解っス。俺は兄貴の乗り物を引っ張ればいいんスね。
じゃ、他の皆さんも一緒によろしくっス」


「よし、行こう!」

「レッツ・ゴーっスーー!!
おぉ!飛んだ!飛んでるっスーーー!!」


「ひいぃ…
高いよぉ、揺れるよぉー、コワイよぉーー!
ああぁぁぁ~~落ちる~~!!」

画像

「兄貴ィーーー!
…ま、ともあれ
メリー・クリスマスっス~(*^^*)/」

--+-- --+-- --+-- --+--

クリスマスっぽく
ファンタジックにお送りしました(^o^;)

今夜、皆さんのところにも
兄貴と後輩は訪れるでしょうか?
良いクリスマスイブをお過ごしください(*^^*)

では明日も、1生1度の1日を 総て良き日であるように(^^)

"『兄貴と後輩』2014冬至&クリスマス「歳末アルバイト」(^^)" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。