映画・舞台。どちらもお笑い(^◇^)

笑いを求める昨今です(*^^*)

映画の話
以前にも書いたと思いますが
関根勤・初監督作品『騒音』
公式HPができました。
予告編映像はこちら


主演=温水洋一・村松利史・酒井敏也
3人での共演ははじめてだそうです。
「この3人をフツー同時に使いませんよ~(村松)」
なるほど、確かに(^^;)

映像の最後は本物の千葉真一さんです、
関根さんのモノマネではありません(^◇^;)
あと『騒音』とは、この千葉さんの息吹
「かあぁーーっ」のことではありません(*^^*;)

公開はまだ先の5月23日(土)、
「昭和喜劇を作りたかった(関根監督)」
というマニアックな笑いの作品ですが、
ご興味ありましたら、お近くの劇場へどうぞ(^^)/

舞台の話
web記事より(一部割愛。引用元はこちら)
--+-- --+-- --+-- --+--

さんま、伝説の主演舞台「七人ぐらいの兵士」夏再演

タレントの明石家さんま(59)が主演し、2000年に初演された舞台
「七人ぐらいの兵士」がこの夏再演されることが17日、分かった。

さんまが初めて演劇に挑戦し、演劇界に鮮烈な印象を残した作品がよみがえる。
戦時中に吉本興業が編成した芸人の慰問団「笑鷲隊(わらわしたい)」の史実がモチーフ。
99年にさんまが主演した日本テレビ連続ドラマ「甘い生活。」で共演した
生瀬勝久(54)が脚本を、同局の水田伸生氏が演出を担当。
元漫才コンビの水嶋(さんま)と木下(生瀬)ら個性的な兵士との爆笑のやりとりの裏に、
戦争の悲哀を描き、高い評価を受けた。
初演はわずか9公演のみだったため「伝説の作品」と呼ばれてきた。

--+-- --+-- --+-- --+--

画像なんとなくで話は聞いたことあったのですが
こういう舞台だったのですね。
初演の15年前が2000年かぁ…驚きます(^^;)
タイミングが合えば、観てみたいです(*^^*)


昨日今日と20℃前後で暖かかった関東
でも週末の予報では冬の気温に逆戻り
暖かくなったり寒くなったりで春に近づくようで。
去年の今頃、風邪ひいたなぁ~と思い出し
警戒を強めております
皆さまも、お気をつけて(*^^*)

では明日も、1生1度の1日を
 総て良き日であるように(^^)

"映画・舞台。どちらもお笑い(^◇^)"へのコメントを書く

お名前:
メールアドレス:
ホームページアドレス:
コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。