2018芸術の秋②『きらきら眼鏡』

例年通りに秋を迎えて
映画づいてきました(*^o^*)

この秋の第2弾は
『きらきら眼鏡』
何冊か読ませていただいている
森沢明夫さんの作品が原作で、
この本も出版後すぐに読了。

映像(^^)


「自分の人生を愛せないと嘆くなら、
愛せるように自分が生きるしかない。
他に何ができる?」

という本の一節から始まるお話。
生と死をテーマに物語は淡々と続き、
見るものにもそれを考えさせる映画です。


良い作品なのはわかっていましたが…
もう恒例ですが今回もまた
「原作と設定変わってる~!」
なんて思いながらの鑑賞(^^;)
ですが森沢さんの場合その変更を
楽しみにされるタイプの方で
それならもうなんでもOKです(*^o^*)
※しかも森沢さん、映画に
カメオ出演されてましたし(^^;)
予告編に出てくる古本屋の
店主の役で出ていました(^^)


この作品の全国公開はまだなのですが
物語の舞台の千葉県船橋市にある
TOHOシネマズららぽーと船橋では
昨日から先行公開。
それに合わせて観に行きました。
画像

明日の日曜までにこの劇場で観ると
いただける大入り袋や、
映画に出てくる実在の飲食店の
ガイドブックなどもいただけました(^^)

全国公開されても上映館の数は
多くはないようなので、
ご興味ある方は<公式ページ>で
近くで上映があるかお調べの上
お出かけください(*^o^*)


先日、『検察側の罪人』を観た際の
記事に載せた写真にも
この映画のチラシはあったのですが。
再掲。
画像

もらったチラシ7枚のうち
3つに映画に黒木華(はる)さんが出演
「こりゃあ『春のパン祭り』ならぬ
『秋の華祭り』だなぁ(≧∇≦)」と、
つまらないつぶやきをするオヤジ(^^;)

この7作品中、あと4~7を
観る予定です。あぁ芸術の秋


では、良い週末をお過ごしください。
明日も 1生1度の1日を
 総て良き日であるように(^^)

"2018芸術の秋②『きらきら眼鏡』"へのコメントを書く

お名前:
メールアドレス:
ホームページアドレス:
コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。